Baby Bhangs

9周年終わったと思ってもまだまだ止まらない!10年目に突入して最初、7月のANNは!

AOBA NU NOISE @Club Shaft Sendai 2015年7月26日(日) 18:00〜 DOOR/2,500yen(1D別途) ADV/2,000yen(1D別途)
Guest Live Act: ZA! (from Spain)
Guest DJ: 1P, 三浦良介 (PACHANGA)
Live Act: -W-(Waikiki Champions), Masaki Saito
DJs: EVOL, RAMBO, RYOTA(NATURAL 4/SYNESTHESIA), SISINONBU (ZUNDOKO DISCO)

スペインから不思議なデュオ、ZA!をお招き、そしてDJには仙台名物(キャラ的にも!)PACHANGAからお2人お招きしまして、賑々しくお送りいたします!!あれ、もしかしたらこの日恒例AOBA NIKU NOISE、になるのかな・・・?乞うご期待!

ちなみに7月にはもしかしたら今後DJの予定入るかも、です。

で、8月は初日に

「幾何・九」@Sendai Club Junk Box 2015年8月1日(土)Open 18:30 Start 19:00 Adv. 3200yen(1D別途)Door. 3500yen(1D別途) PG発売:6/13〜 LAWSON(23511) INFO/JUNKBOX(022-716-5155)
Live: obs, MERZBOW, 灰野敬二, ドラびでお, ろみ
DJ: tdsgk

やりますよ!もう選曲してますのでよろしくお願いいたします!

で、次の週ですが!

「Radical 3000」@bar fam 2015年8月8日(土)20:00〜 1500yen(1D)
DJs: Izumi, tdsgk, B. Toriyama, ryohko

2012年に今は亡きClub ADDで3回に渡って繰り広げられたニューウェーヴ研究会イヴェントがありまして、それが「Radical 3000」というイヴェントでした。つまり何を言いたいかと言うと、何と復活、です!歴史は後から色々いじることが可能なので、「あの伝説のイヴェントが」とか「あのカルトイヴェントが」とか言っちゃえば言っちゃうこと可能なんですけれども、そんなこともなく、ただ来たお客さんは皆何かしら物凄く衝撃を受けて帰っていく、というイヴェントでした。各々がニューウェーヴを解釈して頑張りますのでよろしくお願いいたします!ちなみに旧ADDスタッフの、みんな大好きアイダさんも出ますのでお見逃しなく!

そして多分8月15日(土)、8月22日(土)もDJすると思うので8月は4週連続だー。あと9月6日(日)とかもある予定です。おお、駆け抜ける・・・。

さて、土曜日は「幾何・八」ご来場の皆さまありがとうございました!各アクトになるべく流れ的に寄せて行こうと選曲頑張りましたがいかがでしたでしょうか・・・?白石かずこさんの12分間のポエトリー・リーディング(Sam Riversとの名演)Dedicated to the Late John Coltrane (ジョン・コルトレーンに捧ぐ)かけてちょっとのんびりしよう、とかそういう何だかあり得ないことやったりしてたのですが、お客様からの一番熱いリアクションがあったのがその曲、ということもあって意外に読みは正しかったのか、と振り返ってみると面白かったです!しかし本当にどのアクトも濃厚でしたな・・・。

そして次の日のAOBA NU NOISEの9周年祭りもご来場ありがとうございました!Eitoくんの送別会的意味合いもあり、且つフリマもあり、且つ全裸もあり、且つ泥酔もあり、という盛り沢山な夜でしたが、お楽しみいただけたでしょうか?個人的には何だかDJ中異常に面白くて笑ったり何故か泣けたり暴れたり、と久々に錯乱な感じでやってて、久々に我を忘れました。あと、フリマでCD売ったりしたのですが、これまた売れ行き好調過ぎて、本当にありがとうございました!

ということで今日は告知2つ追加と振り返り2つだけで燃え尽きてしまったのでPinsの「Wild Nights」を聴く。マンチェスター出身女性4人組バンドのセカンドアルバムである。なんか私このバンド密かに好きで、ファーストGirls Like Usも愛聴していたものであるが、このセカンドは更にスケールアップしていて頼もしい。今回はアメリカ録音でEagles Of Death MetalのDave Catchingプロデュース、ということでいや、誰だかはよくわからないんだけども、前作よりもポップな側面が出ているのが凄く良い。SavagesとVeronica Fallsの中間みたいな感じ、というような例え方は元レコード屋のポップ書き担当の悪い癖みたいな例え方であるが、そういうのが一番想像しやすいかと思う。若干の一本調子感が否めなかったファーストよりも音の感じもアレンジも柔軟で(60年代ポップスみたいな曲まである)、相当聴きやすいし、何よりも楽しい。その一方で歌詞の変わらぬ孤独さというか悲しみというか、そういうものは変わらずあって、音の面での若干のメランコリックなところも何となくそれと調和しているように思われる。ツアーとかかなりやってきていたみたいなので、そこらへんがバンドの体力アップにつながっているのかも知れないけれども、このままどこか硬派でストイックな感じを貫いてやってもらいたいなあ、としみじみ思うのであった。

ところで私はこれ、Rough Tradeから買うとメンバーセレクトの好きな曲入れたCD付きます、ということでアナログをRough Tradeから買ったのだが、LPと、それと同内容のCD、それに上記セレクトCD、更にはデモ音源のカセットまでも、という至れり尽くせりのセットがUKから届いて嬉しかった。セレクトCDはNew York DollsとかThe SeedsとかThe FallとかPatti SmithとかSuicideとか、なるほどね、という感じで大体ほぼ全曲知っていたけれども楽しく聴けたし何よりラストがThe Jesus And Mary Chainの「Taste Of Cindy」ってのがシビれた・・・。デモもこれこのまま出したら更なる数寄者がファンになるんじゃないか、という感じの音の具合で、いや、やっぱり頼もしいな、という結論に達した次第である。ちなみにUK直で買ったわけだが日本の店頭で買うのとあんまり変わらなかったな、値段・・・。