One One

まとめると・・・

csgb @bar fam 2019年9月20日(金)21:00~ ¥1500(1D)

DJ: 5atoru, shinshin, tdsgk, mai

 

 10月にはもしかしたら私の誕生日というどさくさでなんかやるかも・・・。

キララVol.3 @bar fam 2019年11月23日(土) 17:30open 18:00start ¥2500(+1D¥500)

Live: K.T.M.X. ( Love Love Straw, all tomorrow's party )、佐野史紀( SOFTTOUCH, BEDTOWN )

DJ: tdsgk ( AOBA NU NOISE, csgb ), 浅野芳孝( Love Love Straw, ビデオボーイ )

 多分もっと増えると思うのですが、現状こんな感じでよろしくお願いいたします!

 

昨日の日曜日は休みであったが、次の火曜日に仕事でめんどくさいでっかいことがあるので何となく頭がそれで一杯である。だから朝も平日と同じ時間に起きて、コーヒーを飲んでそれから『& Premium 土曜の朝と日曜の夜の音楽』

 をぱらぱらとめくりながら、たまにはなんか家の奥深いところのレコードでも引っ張りだして聴くか、とか思ったが日曜日の朝の音楽については触れられていなかった(書名を見れば明らかなのだが)・・・。

 

なのでひたすら 

Friday

Friday

 
Total Sex (Reissue)

Total Sex (Reissue)

 
Symphony For The Black Murder

Symphony For The Black Murder

 
Chasing The Light / Work It (Soulwax Remix) X Lara (Daniel Avery Remix)

Chasing The Light / Work It (Soulwax Remix) X Lara (Daniel Avery Remix)

 

 などをとっかえひっかえ聴きながら、パソコンでできる仕事をひたすらこなす。今、マイクロソフトのWordとかExcelとかはOne Driveでクラウド上に保存して、アカウント内で共有できるからUSBメモリーとかを介しないでも職場の私のPCと家のPCで作業ができるし、何ならwebのブラウザもChromeだから全くもって職場の私のPCと同じブックマークとか履歴とかで、まるで職場にいる時のような画面で色々作業ができる・・・、ってあんまりPCの深いところまでわかってない私でも使えるくらいに便利なんだけど、確かに便利なんだけど、あんまり嬉しくないなあ・・・。

 

しかし昨日は暑かった。洗濯物を干して日陰はできていたけれども、そして風もあったけれども家の中はかなり灼熱になり、何とか早いところ仕事をやっつけて近所に冷やしパーコー麺を食べに行こう、と気合が入ったので仕事もスピードアップして終了、車に乗り込みラーメン屋に向かう。車内は

サザン・ナイツ

サザン・ナイツ

 

 とかを聴いていた。

 

しかし店に着くと「本日都合により店休」との貼り紙。世界が崩れ落ちる音がして、どうしてよいかわからなくなりそこから車を走らせ違う店に行き、もう完全にバグってしまっていたので今まで注文しようという気すら起きていなかったパーコー担々麺を注文して食す。まあ、おいしかったのだけれども、不思議とこんなすごいもん食べて良かったのだろうか、という後悔の念に苛まれる。

 

ところでパーコー麺というと『ゴルゴ13』の「チャイナ・タウン」という話が思い出される。 

ゴルゴ13 (37) (SPコミックス)

ゴルゴ13 (37) (SPコミックス)

 

 毎回なのだけれども、この話は荒唐無稽、且つそれでいていやいやそれはないでしょ、というゴルゴのオールマイティな最強ぶりが楽しめる、結構突っ込みどころのありまくる話なのでおすすめである。私が先日検査入院していた時も病院にこれがあって、何故かもうすっかり嫌になるくらい覚えているような話なのに2日おきに読んだりしていた。

 

その後仕事用の買い物へ、の前に中古盤屋に行きFun Boy Threeのファースト

Fame

Fame

 

が日本盤帯付きで500円,、というどうして良いかわからないくらいの値段であったのでレスキュー。

 

どんどん気温は上がって来て車の中はエアコンを強めにしてもやはり暑い。暑い車内で

This Is Not a Safe Place [Analog]

This Is Not a Safe Place [Analog]

 

を聴き、これは何だか再結成前、再結成後を通じて一番Rideというバンドの魅力が網羅されている傑作なのではないか、と確信する。Rideって「Rideっぽい音」が何なのか、よく考えてみるとわからない歩みをしてきたバンドだと思うので、今作みたいに曲もしっかりしていて音もタイトでダレないアルバムだと、実はこれが代表作、と言えなくもないのかな、と思ったりする。大体最早多分永遠に失われてしまった、Sonic Youthというバンド自体が持っていた良かったところ、をこのアルバムでフラッシュバックできる、しかも車で田んぼ道を走りながら、というミラクルを2019年に体験できるだけでも稀有なアルバムである。さすが90年くらいのSonic Youthロンドン公演で客席でバンドメンバー大暴れしていた、というエピソードのあるRide、である。

 

その後領収書切りまくりの買い物を終え、ほっと一息、ということでブックオフへ。店の前で派手に、車が道路に出るところの縁石に乗り上げて大渋滞を引き起こしていた。500円コーナーからNine Inch Nails「Downward Spiral」のデラックス版

Downward Spiral (W/CD) (Hybr) (Ms) (Dlx)

Downward Spiral (W/CD) (Hybr) (Ms) (Dlx)

 

を抜いて帰る。当然普通のは持ってるのだが、冷静に考えてCoil好きSoft Cell好きJoy Division好き、で当時 

Closer to God

Closer to God

 

これ買ってなかった私としてはマストだろう、と。

 

であとは帰宅して片寄さんのラジオ聴いて盛り上がってつかさ屋に買い物行って本搾り

 飲んで夜ご飯にタンドゥーリ風チキン作って美味しく食べてCaretaker聴いて

Empty Bliss Beyond This World

Empty Bliss Beyond This World

 

 という一日であった。

 

となんでこんなにだらだらと朝っぱらから更新しているかというと、台風のせいで職場が閉まっているからなのである。開けても良いけど客が来れない、というX Japanの幕張ライヴ状態になりかねないからなのだが、なんか今は風も雨も穏やかだな・・・。まあ、後で明日の仕事のビッグウェイヴの準備のために万難を排して職場に行かなければならないのだけれども・・・。

 

Velvet Negroniの「Neon Brown」を聴いている。

Neon Brown [輸入アナログ盤] (4AD0149LP) [Analog]

Neon Brown [輸入アナログ盤] (4AD0149LP) [Analog]

 

セカンド、なのかな・・・? まあ当然、ほんの1か月くらい前までは私は全く認識していなかった人なのだが、ミネアポリス出身、Kanye Westがサンプリング、Bon Iverも友達、とか言われても、ミネアポリス以外はあまりピンとこなかったが4ADからのリリース、ほほう、となるわけである。何曲か聴いてみたら、凄く良かった、という流れである。R&Bと言えばR&Bになるのであろうが、Frank Ocean以降のソフトな優しいヴォーカルを生かしたシンプルなトラックが多く、何だけメロウである。且つちょっと80年代っぽい感じの手触りの音が多くて全体をソフトで内省的な空気が覆う。Tame Impalaの前座、とか言われてもそれもピンとこないっちゃ来ないのであるが、そういう立ち位置にいる人なのだろう。メロディアスで良い曲だらけだし、この密室的な空気感はとても甘く、全く違うけれどもBurial聴いた時のような気持ちを思い出したものである。夜聴きたい音楽だなあ、と何れ『& Premium』に原稿を書く時まで覚えておこう・・・。