Lost

7月、熱い2つのイヴェント!

Pillows & Prayers present HALFBY "Loco" Release Party  2022年7月16日(土)19:00~@ Monet

入店: 2500yen(1D)

Guest DJ: HALFBY

DJ: tmym, ymdmkt, tdsgk, shishin

どう転んでも間違いなく色々な楽しみ方のできる一夜になるかと思います。よろしく!

Miston presents SENDAI COLONY  2022年7月29日(金)19:00~@ Monet  入店: 2000yen(1D)

LIVE: B. Toriyama

DJ: YAMADAtheGiant, 福福ボーイズ, Kohtaro, tdsgk, Monolith 

仙台陣も異色な組み合わせ、よろしく!

 

で、暑過ぎる今年も、やはり最終兵器!

白と黒、M~XLのサイズ展開ですよろしく!Tシャツは何枚あっても問題なし!
 
毎日、暑い・・・、暑い・・・、と言っているうちに1日が終わっていくのだが、人生というものも何か「暑さ」みたいなものが場面場面で表れて、それに気を取られて対処していくうちにやはり終わっていってしまうのだろうか。
 
とかぼんやりと考えてしまうのは、それは暑さのせい、なのだろうか。とかく暑さのせいで諸々ダメな方向になりがちなので襟を正していきたいものである。
 
とか言っても実際襟があるシャツは暑くて、仕事柄着なければちょっとアレなのだけれどもできればTシャツに短パンとかで過ごしたいものだ、そんな時にはAOBA NU NOISEのTシャツとかで・・・。
 
とまたしても宣伝になってしまうのも暑さのせい、である。この季節、何かと暑さのせいにできるから楽と言えば楽、なのだが暑さそのものが最近激烈なので、どうぞ控えめにお願いしたいものである。
 
不思議なことに私は聴く音楽は何故か暑さに左右されない。Zola Jesusの「Arkhon」
ARKHON [12 inch Analog]

ARKHON [12 inch Analog]

Amazon

とか聴いているわけだから。6枚目のアルバムであるが、前作

から大分経ったものだなあ。でも大分待っただけあって今作は多分彼女の最高傑作なのではないか、と思うのであった。基本的になんかゴスい感じとダークに展開する音楽性はあまり変わっていないのだが、今作はやたらとスケールがでかく、壮大である。それはプロデューサーにEarthとかSunn O)))とかを手掛けたRandall Dunnがいるからなのか、はたまたドラムにMatt Chamberlainが参加しているから(意外だった)なのか。そのスケールのでかさはFlorence + The Machineとか、

Dance Fever

Dance Fever

Amazon

もしくは意外だったがFKA Twigs

のひたすらダーク版、みたいな世界で、なかなかありそうでなかったものだなあ、ということでひょっとするとなんかポップのメインストリームに殴り込んでいきそうな気もする。Tears For Fearsの「Everybody Wants To Rule The World」を下敷きにした、というかひたすら重いカヴァー、みたいに聴こえるナンバーとか新しい展開すぎてちょっと興奮した。

 

Seven Years

7月、熱い2つのイヴェント!

Pillows & Prayers present HALFBY "Loco" Release Party  2022年7月16日(土)19:00~@ Monet

入店: 2500yen(1D)

Guest DJ: HALFBY

DJ: tmym, ymdmkt, tdsgk, shishin

こちらはHalfby高橋くんが久々に仙台にアナログ盤(7インチ)でDJしにやってきます!お酒飲みながらユルく、という心づもりなんですが、毎回そういう仕掛けのイヴェント、最終的にぶち上げ系になる経験が多々あります・・・。ただ一つ言えるのはどう転んでも間違いなく色々な楽しみ方のできる一夜になるかと思います。よろしく!

Miston presents SENDAI COLONY  2022年7月29日(金)19:00~@ Monet  入店: 2000yen(1D)

LIVE: B. Toriyama

DJ: YAMADAtheGiant, 福福ボーイズ, Kohtaro, tdsgk, Monolith 

こちら、確かに言われてみれば仙台陣もこの組み合わせ、ってあんまりないですよね、長い付き合いなんですが・・・。ということでモノリスくん、素敵な機会をありがとうございます!私も何か、面白ダンサブルレコードを探して持って行きますのでよろしく!

 

で、暑過ぎる今年も、やはり最終兵器!

白と黒、M~XLのサイズ展開ですよろしく!Tシャツは何枚あっても問題なし!
 
さて、大分ご無沙汰しておりました。
 
ここ1週間ほどちょっと怒涛過ぎて、とくに先日の土曜日は横浜日帰り、日曜日は仙台で法事、月曜日は千駄ヶ谷日帰り、というバカなツアーマネージャーのいるインディバンドのツアー、みたいなどたばた行程で過ごしておりました。勿論今日は今日とて溜まりに溜まった通常業務の一日だったのだが、昼に汁なし麻婆担々麺を勢いよく啜ったらクラっと来て一瞬倒れそうになったので、暑い最中だし無理なく過ごして生きたいものです。
 
でも忙しすぎると何だか自分のことがどうにも愛せなくなってくる、と言うか何と言うかどたばたとしていると急に自分に納得がいかなくなったり、孤独を感じたりすることがないだろうか。私はこの週末から週明けがピークだったのだけれどもあまりにもドタバタ過ぎて、とくに何があったというわけでもないのだが何だか物凄く生きるのがしんどいな、とか嗚呼こんなはずじゃなかったのに、とか思ったりするような感じになってしまって急にしんどい感じの人になっていたので、これは良くない。
 
多分こういう状態が続いたり、更に何か追い打ちをかけるような出来事があったら確実になんだかおかしなことになりそうでヤバかったのだが、幸いそういう時には友達からメールとかイヴェントのお誘いや、新音源などが送られてきたりして、ふと錨のようなものでしっかりと自分が繋ぎ止められていることを感じたりできたので、良かった。なんかいかんですね、自分で余裕がないと自分だけのドラマに埋もれてしまって実に良くない方向にナルシスティックな気持ちにどっぷりと浸ってしまいそうになってしまって・・・。
 
大体レコード買っても聴けてない状態がこうも続いている、これが良くない、ということで今日は無理だったから明日からは早く帰宅してレコード聴く時間を取るんだ(なんかフラグみたいでやだな・・・)。1か月もお茶の水のユニオンに売れ残っていたRed Lorry Yellow Lorryの12インチとか聴くのだ、ってそれで果たしてメンタルの修復につながるのか、甚だ疑問であるのだが・・・。
 
Eyeless In Gazaの「Photographs As Memories」も果たして効果的なのかどうなのか、と思うのだが最高なものは最高なのだ。

1981年リリースのファーストアルバムである。後にはネオアコ的とも目されるような音(とくにこのアルバムか)

にもなった彼ら(というかデュオ)だが、こちらのファーストではシンセとギターとリズムマシーンとサックスとというSuicideがちょっと楽器増えたような簡素なバッキングにMartyn Batesの美声過ぎて、上手すぎて、何だか抑えきれない奔流みたいになっているヴォーカルが大暴れする、という風通しは良いのだけれどもそれは必ずしも爽やかであるということを意味しない、何だかごっつい音楽のアルバムである。美声すぎて上手すぎて抑えが効かないヴォーカル、と言えばMarc Almond様やThe AssociatesのBilly MacKenzieなど、当然ながら私はそういう人たちが大好きなのであるが、このMartyn Batesも勿論その系譜に入るわけで嫌いになんかなれないわけだ、たまにバッキングをどっかに放っておいて暴れてしまうようなヴォーカルであっても。そんな彼のヴォーカルが簡素過ぎるバッキング故に大変楽しめる強烈なデビュー作である。でもさ、ちゃんとなんとなくロマンがあって、抒情的な雰囲気はちゃんと醸し出されているから凄いのだ、たとえなんか変なリズムパターンにサックスが暴れてヴォーカルが暴れて、なんて曲があっても。

Electrolocation 1

7月、熱い2つのイヴェント!

Pillows & Prayers present HALFBY "Loco" Release Party  2022年7月16日(土)19:00~@ Monet

入店: 2500yen(1D)

Guest DJ: HALFBY

DJ: tmym, ymdmkt, tdsgk, shishin 

Miston presents SENDAI COLONY  2022年7月29日(金)19:00~@ Monet

入店: 2000yen(1D)

LIVE: B. Toriyama

DJ: YAMADAtheGiant, 福福ボーイズ, Kohtaro, tdsgk, Monolith 

マストでよろしくお願いいたします!

 

で、蒸し暑過ぎる昨今、最終兵器、か!?

白と黒、M~XLのサイズ展開ですよろしく!
 
『昭和45年女』という雑誌があって、我が家の人がたまに買ってくるのでたまに読んでいるのだが、先日も我が家に最新号が置いてあった。

ちなみにもう1冊雑誌が置いてあったのだが、

だったのでさすがだ。まあ、私はこちらはあんまり興味がなかったりするのだけれども(なんて今の世の中あまり大きな声では言えないのだけれども)。

 

さて、今やわざわざ雑誌を買って読んだりする人口も少なく、せいぜい私くらいの世代だろうからこういう層に狙いをつけているのだろうなー、わかってるんだぜ、とか思いながら、毎回『昭和45年女』には、悔しいけど感心させられるし、めっちゃ興奮して引き付けられるのであった。今回の最新号もいきなりUp-Beatの広石武彦のインタヴューとかからスタート、なわけでついつい読んでしまった。

 

で、特集がお菓子、ということでなるほどなるほど、こういうのあったよなあ、とか思いながら読んでいたのだが、少女漫画とお菓子、の特集のところでめちゃくちゃ気になる絵の漫画が紹介されていた。『小さなお茶会』ってなんだ・・・?

 (まだ全貌を私は掴んでいないので、とりあえず貼っている)

 

その絵柄に抗いがたい何かを感じてインターネットを駆使し、とりあえずLINEマンガで読めるらしいので今こつこつと読んでいるのだが、なんだこれは、何故これを私は知らないでここまで生きてきたというのだ!というくらいに感動&興奮して読んでいる。

 

という物言いが笑ってしまうくらい似合わない漫画である。猫のご夫婦のほのぼのとした日常(そのほのぼの具合がハードコアすぎるくらいにロマンティックだったりする)の漫画なのだけれども、何だか、こんなこと言いたかないけれども今では失われてしまった何かを補填するかのような感じにも読めてしまって、何だか久々な気持ち(それがどんな気持ちなのかはよくわからないのだけれども)になってしまって、激上がりしながら読んでいるのだった。

 

のだがインターネットを見るとそんな私の心を見透かしたかのように「不朽のメルヘン」とか色々とキャプションがあって、まあ、その通りのことが大体書いてあって首肯するのだけれども、なんかそういう「癒し」だけではないような気もするなあ、この読み進めると沸き起こる気持ちは、という気持ちになるのだった。でも、とりあえずここのもっぷさんとぷりん奥さんの暮らしややり取りには、本当にくすっとさせられたりはっとさせられたりなるほどな、という気持ちになったりするので、いつの日か私のブックオフディギィンスキルでもって紙版をゲットしたい、という気持ちである。

 

でもね、そんなほのぼの、不朽のメルヘン、という漫画で実際その通りなんだけれども、なんかぷりん奥さんが雨の日にちょっとメランコリックになってる時にだんなさんの詩人(いや、詩猫か)のもっぷさんが「めいってるときには音楽だよね 思いっきり明るいやつ 涙も溢れんばかりきれいな音!」って言ってレコードかけるのだが、それがジャケに「Steve Hillage Green」って書いてあるんだよね・・・。

Green

Green

Amazon

もっぷさん、間違いないな。とかように、こんなほのぼのとした世界に浸らせてくれる漫画であるけれども、なかなか思わぬところで気が抜けないのであったりする。業か・・・。

 

Horsegirlの「VERSIONS of modern PERFORMANCE」を聴く。

まだ皆10代?の女性トリオのデビューアルバムである。このアルバムの前の7インチでMinutemenのカヴァーとかやってて、うおおおおと盛り上がったのだが、そういうタチの悪いおっちゃんどもの遥か上を越えていく興奮の作品である。私ここまで結構長いことロックンロールを聴いてきたと思うのだけれども、思い入れのないジャンルって今まで聴いてきた中では、勿論個々では大好きなバンドもたくさんいるが所謂「オルタナ」ってのと「ブリットポップ」ってのだったりする。それは多分作品の音質のせいなのかも知れない、90年代のCDの音、っていうか。だからこのトリオもオルタナがどうこう、とか言われてるのを最初見てちょっと怯んだ(最近そういう形容で紹介されてた女性アーティストの作品がことごとくピンとこなかったのもあって)のだけれども、この作品はスピード感はあるものの金属的なもこっとした何かがこちらにむかって飛んでくる感じ(それは決して悪いものではなく塊感がある、ということでそれはもしかしたらSteve Albiniのスタジオのおかげなのか)に、ラウドなギターとクールなヴォーカルに、という感じで加えてさりげなくメロディアスだし、そしてとても不思議なことになんだか、とても優しい、のである。その「優しさ」はPavementやThe PastelsやAir Miamiを聴いた時に感じたものにも通じるもので、要はハイプとか全く関係なしに、この原石のような才能の輝きを詰め込んだアルバムがまぶしくて、そしてとても稀有なものだ、ということである。だからこれまで散々昔みてきたけど、セカンドで変にヘヴィになったり整理されたりしないで、お願いだから!

Look Away

7月にはHalfbyが仙台にやってきます!

Pillows & Prayers present HALFBY "Loco" Release Party  2022年7月16日(土)19:00~@ Monet

入店: 2500yen(1D)

Guest DJ: HALFBY

DJ: tmym, ymdmkt, tdsgk, shishin 

前回の来仙は2018年の12月だったのでだいぶご無沙汰、今度は夏にHalfbyがやってまいります。一時期は毎年忘年会的な勢いで来てくれてわいわいやっておりましたが、今回はアルバム「Loco」(マジ名盤)

Loco

Loco

Amazon

アナログリリース記念、という意味合いも。また、久々にアナログ盤でのDJ、という感じで意外に珍しい機会かもしれません。久々の再開を祝してわいわいとやりたいと思いますので、ぜひ皆さまもよろしくお願いいたします!迎える仙台陣も、酸いも甘いも嚙分けたナイスな面々なのでお楽しみに。しかしまさかこんなに長いお付き合いになるとは思ってもみなかったなあ・・・。

 

そして

Miston presents SENDAI COLONY  2022年7月29日(金)19:00~@ Monet

入店: 2000yen(1D)

LIVE: B. Toriyama

DJ: YAMADAtheGiant, 福福ボーイズ, Kohtaro, tdsgk, Monolith 

思えばこれまた長い(四半世紀近いのではないか)付き合いのMonolith君のお誘いで出させていただきます。これはメンツ、濃いですね・・・。ちょいと久々に我が家の棚から楽しいダンスミュージックを選び抜いて臨もう(と言っても絶対ニューウェーヴになる)と思ってます。思えばMonolithくんとDJユニット組んで一緒に今は亡き恵比寿のみるくでやったのはもう21年も前の話なのか、と一瞬遠い目になりました。が、現在進行形、そして未来形でよろしくお願いいたします!

 

で、夏本番、か!?

白と黒、M~XLのサイズ展開ですよろしく!
 
昨夜のcsgbもありがとうございました!なんかfamからMonetに場所移って開催しているわけですが、なんかMonetと相性良いのかなcsgb。毎回楽しい、です!皆様今後ともふらっとでも良いのでぜひいらしてください。おひさしぶりのべあしょーひらしょーコンビも(別に2人が一緒にやっているわけではないですが)なんだか絶好調でまたこういう感じでよろしくお願いいたします!私は手近にあったレコードを持って行った感じだったので、大体そういう場合暗いレコードが多いんですが意外に昨夜は闇落ちせず、なぜか4つ打ちとか多めで、たまにはああいう感じもどうでしょう・・・?
 
さて、ほっておくと闇落ちしてしまうのは拙ブログも同じなのでなんだか楽しい話がしたい。もう最近たとえば昼ご飯食べながらニュースとか見てるだけで即、なんだかなー、って気持ちになってしまうわけだから、そういうのに抗っていきたいのである。
 
・・・と書いてからここまで2時間くらい経過してしまったのでBig Countryの「The Seer」を聴いている、という話をしよう。
Seer

Seer

Amazon

1986年発表の3枚目のアルバムである。私がリアルタイムで聴いたのもこれが最初であった。それから36年の月日が流れる中でベスト盤のCDありゃ良いやー、とか言って手放し、後悔し、なかなか良い条件の中古盤に出会えず、というよくあるパターンを経て遂に再びこの手の中にこのアナログを収めたのであった。いや、これ曲順違うエディションとかもあってそっちをよく見かけてて、いやそれじゃない、という日々だったので。さて、スコットランド出身の彼らと言えばバグパイプギター、とも評される印象的なフレーズのギターを中心に据えた音であるが、このアルバムが多分それの最高点な気もする、今にして思えば。スケールのデカいThe 哀愁、とも言えそうなメロディも絶好調、今にして思えばかなりの冒険だった、そしてなんで?というRobin Millerのプロデューサー起用(Everything But The GirlとかSadeとかThe Weekendだもんな)も全く違和感なく、Kate Bush、そして今知ってびっくりしたがJune Miles-Kingston(The Mo-DettsにCommunardsだ)も参加、と何か非の打ちどころのないアルバム。リリース時あんまり芳しいレヴュー見なかった気もした(おかげで手に取るのに時間かかった)けど、蓋を開けてみたら大ヒットアルバムだった、ということも今更知った次第である。この後、ちょっとそうじゃないよな、という方向に行ってちょっと悲しいStewart Adamsonの自死、とかあったりするがこういう作品がここにこうして遺っているのは、本当に何と言うか、ありがたいですな。

 
 

 

Christine

今週金曜日です!

csgb Vol.88 2022年6月17日(金)20:00~@ Monet

入店: 2000yen(1D)

Guest DJ: Bearsho

DJ: shinshin, hirasho, tdsgk

あのベアショーひらしょーコンビが(とくに何があるわけではないですが)!私は、そうですね、なんかこう手前の方から掴んで持って行く感じで!

 

で来月の楽しい予定!

7月16日(土)に仙台にHalfbyが来てご一緒します!

Loco

Loco

Amazon

この名盤のアナログも出たタイミングで!連休初日なので遠方からも是非お出かけくださいませ。

 

そして

7月29日(金)にもお声がかかりましてDJします!

おそらく福福ボーイズやB. Toriyamaさん、DJ Monolithさんとご一緒します!

 

上記2つの他に、7月のcsgbもあります。

 

そしてここに来てまた盛り上がるアオバTシャツ!

aobanunoise.thebase.inあkk

白と黒、M~XLのサイズ展開ですよろしく!
 
そういえば先日、と言っても1週間以上前なのだが3回目のワクチン接種をしてきたのだった。
 
1回目2回目はなんか急かされるような感じで接種したわけだが、3回目を受けるまでは結構なんか、ちょっとめんどくさい感じかも知れないけど、色々とうーん、となってしまってもう受けなくて良いんじゃないかな、くらいの気持ちになっていたのであった。
 
1回目2回目の時はなんか世界が変わるんじゃないかな(あ、それは別にワクチンのせいで人体に変な影響が出て、ということではなく)、みたいな期待みたいなものもあったように思うのだが、なんかさして世の中変わらず、そして3回目がなんか普通に打ってください、とか来てしまうとこのまま無限に追加ドーズが続くのですか、みたいな出口の見えない感じに囚われてしまって(あながちそれも間違いではない、と自分では思う)ちょっと、なんかもう良いんじゃないの・・・、みたいになってしまって腰が重かったわけである。
 
でもちょっと海外とのやり取りがここ最近あって、もしかしたらまた私が海外に近いうちに行く可能性も軽く出てしまって、そうなってくると色々証明書だのなんだの(それも果たしてどれくらい意味があるのかしら、とちょっと思ってはいる)、という側面が出てきてしまって、はいはいもうわかりましたよ打てば良いんでしょ打てば、みたいな気持ちだったのである。
 
で、1回目も2回目も副反応が皆無過ぎて逆に不気味なくらいだった私であるが、3回目は副反応来るのかな、とか思いながら打ってもらったわけだ。問題は、ちなみに1回目の時が確かAOBA NU NOISEのTシャツ、2回目の時がバンド名病原菌、でお馴染みGermsのTシャツ、と無意識になかなかなチョイスで臨んでいた私のTシャツで、今回はなんと無意識にWhitehouseのTシャツとかで臨んでしまったりしたわけである。
 
しかしそのおかげか何か知らないが今回の接種後も、当日、翌日、翌々日、それ以降ずっと、と言う感じで副反応も全くなく普通に暮らしているので、とてもありがたい、というか幸運なことだが、ちょっと不気味、ではある。一体どういうメカニズムなのか、副反応とは・・・。そして俺の身体は一体・・・。
 
でも本当はこういうワクチンのこととかで思い悩んだり、それのせいで分断されたりする世の中なんて嫌だし、もっと言ったら人間もうちょい色々なんとかならんのか、ということが様々なレヴェルで起きまくっている世界中も嫌なのだけれども、それでも生きているからには何とかしていかないといかんのだね。人間、ちょっと視点を時に近くに、とか時に遠くに、とかやっていると凌いで行けそうな気持にはなるので、それで乗り切っていくしかないのかな。
 
でも何とか回避するための努力はちょっと上の方でもちゃんとしてもらわないと困るのだ、円安も値上げも。全く「自助」とか先んじて逃げの口上で言いやがった政党が与党だなんて身の毛もよだつものである。
 
今年はSummer Of Loveが来ると良いものだが。で、The House Of Loveとか突然聴きたくなるわけである。

CD5枚組の30周年エディション、なんてそういえば出てたな、と今上のリンクを貼って思い出した。我が家のも3枚組のエディションなので相当と言えば相当ではあるが。1988年にCreationからリリースされたファーストアルバムである。当時UKインディチャートで大爆発していて、聴きたいものだなあと思いながらもその年の12月にやっと手に入れて聴いていたアルバムである。12月、ということはつまり同時期に「Isn't Anything」

も聴いていた、というわけである。私の中2の12月、アツいな・・・。そういえばこのThe House Of LoveとMy Bloody Valentineダブルヘッダー武道館来日公演、なんていう恐ろしい企画も私が高校時代にあって、それはもう90年代に入ってからの話で、両者ともCreationレーベルつながりはあったけどもHOLはもうメジャーに行ってたし、なんかそもそも音的に近いかなあ?と疑問に思いながらいた記憶が蘇った。まあ中止になったのだけれども。蛇足ながら私の友人はその武道館ライヴに備え相当前から上京しバイトしてお金貯めながら当日を楽しみにしていて、当日武道館に行って初めて中止を知った、というとんでもなく凄いエピソード(掟ポルシェ氏のMarc Almond初来日公演延期の際のエピソードも近いが)を持っていたものだった。話が逸れ過ぎたがこのファーストは、ミニマルな展開の中で最大限にメロディアスな曲を作ることに命を懸けたようなこの時既に30代だったGuy Chadwickのソングライティングの技と、時に暴れはするもののポイントポイントで印象的なフレーズを奏でるギターの絶妙な配置具合、そして予算の都合なのかも知れないのだけれども全体的にちょっとくぐもったような音が、どれもこれもばっちりとはまった奇跡の名作、である。これ以降も悪くはないし、むしろ最高、なのだけれども何かどこか掛け違えたような印象があるんだよな、本当にこの後も名曲しかないのだけれども。

 

 

Happy New Year

ついこの間やったばかりだと思っていたら・・・。

csgb Vol.88 2022年6月17日(金)20:00~@ Monet

入店: 2000yen(1D)

Guest DJ: Bearsho

DJ: shinshin, hirasho, tdsgk

今回は超久々、ベアショーさんがやってきます!そして秋山さんは不在ですが、ひらしょーさんが復帰!私は相変わらず何も選曲できていませんが、頑張ります!

 

あと多分

7月16日(土)に仙台にHalfbyが来てご一緒します!

久々の来仙を楽しく!新作

Loco

Loco

Amazon

のアナログも出ましたし。詳細はまた後日!

 

そして

7月29日(金)にもお声がかかりましてDJします!

おそらく福福ボーイズやB. Toriyamaさん、DJ Monolithさんとご一緒します。長い付き合いの皆さん故に、私も負けないよう頑張ります。

 

上記2つの他に、7月のcsgbもありますので、久々にDJ多い感じになってますね。どっかの現場でお会いしたいものです!

 

そしてここに来てまた盛り上がるアオバTシャツ!

aobanunoise.thebase.inあkk

白と黒、M~XLのサイズ展開ですよろしく!
 
ちなみに今のはてなブログのお題が「眺めてみよう、本棚!」というものであって、まあなかなか良いものだと思うのだが、最早我が家は本棚ではなく本箱に本を収納して箱を重ねて、なんならレコードも棚というよりコンテナに収納してコンテナを重ねて、という最早「どんだけ部屋にものを詰め込めるか」ギネスに挑戦、みたいな感じになっているので、眺めたくても眺められない。かろうじてCDは棚に入っているから眺められるのだが、大半は倉庫に入っているので、全貌を掴むのはなかなか難しい。
 
これでも結構、本もレコードもCDも手放してきた。きたのだが、人間が変わらない限り物は増え続ける、ものである。いつの日か全て電子版で、とかストリームで、とかいう風に割り切れるようになれば、もう少し今のスペースでも更なる余裕が生まれるのかも知れないのだが、そんな日はなんとなく死ぬまで来ないんじゃないか、と言う予感もしているのでもうこれは一生収納の問題と向きあって暮らしていくことを運命づけられている状態なのかもしれない。
 
でもねえ、ラジオから流れる音楽をカセットに録音して何度も聴いて、嗚呼この曲の入っているアルバムを所有したい、自分のものにして何度も何度も聴きたいものだなあ、という幼き日の渇望のようなものが初期衝動みたいなものとしてあると、なかなか脱却もできないもので、これはまあやはり上に書いたように運命、なのか、呪いをかけられた、というか。昭和末期の呪い、なんですかね・・・。
 
でも何となくよくわからないレコードとかを安いからっつって何となく買ってしまったりしていると、もうそろそろ良いんじゃないのかしら・・・、とか思う時もある。その思いをそのままnurtureできれば良いのだが、その数時間後にはオンラインのカートに商品をぶっこんでいたりもするので、つくづく人間、ambivalentな生き物、というか、もしくはまあ単に懲りない、というか・・・。。
 
かように日々何かと斗いながら今日も一日生き永らえようとしている。Let's Eat Grandmaの「Two Ribbons」
Two Ribbons

Two Ribbons

Amazon

を聴いたりしてだな。UKの女性デュオ、サードアルバムである。前作

I'm All Ears

I'm All Ears

Amazon

も良かったけど、ちょっと重苦しい、というか何かこう足掻いている感じがあってあまりのめり込めなかったものだが、果たして今作の突き抜けたシンセポップ具合はPet Shop Boysの一番ハイなタイミングにEDM一歩手前くらいのテンションをぶっこんだぐらいの曲もあれば、フォークロックのノリの曲もあって何気に混在具合が凄いのに挙句メロディも超スウィート、という2022年一番のポップスはこれじゃないのかな、という1枚である。曲がとにかくキャッチーで誰もが好きになりそうな感じなのだけれども、歌詞はとにかく喪失感というか悲しみというかそういうものに溢れているのは恋人との死別、なんていうヘヴィな体験があったから、なのだろうか。それにしたって今作の突き抜け方は尋常ならざるものがあるので、これは今すぐ急いで聴いとくべき傑作。

All The Good Times

実はMサイズが白も黒も残り一点、です!お早目に、そしてLサイズもLLサイズも昨今の流行から行くと良い感じのシルエットになりますので、そちらもご検討ください。

aobanunoise.thebase.inあkk

 
そう、毎回AOBA NU NOISEのTシャツのリンクから始まっている拙ブログなのだが、あまりにも毎回このリンクからスタートしているのでテンプレ化している懸念があり・・・。結構普通に私は着て仕事したりなんだりとしているので凄く良い。その良さを貴兄貴女とも分かち合いたい!ので是非よろしく。
 
さて、関東での仕事が2日間に渡ってあったので、先週も東京に、今度は泊りがけで行ってきた。ということで宿を取ったのだが、問題はそのホテル、である。各部屋にターンテーブルが置いてあるホテル、なのであった。
 
一体どういうことなのだ、とわが目を疑ったが、確かにそういうホテルということでお値段もお手頃だったので(まあ経費、なのだが)早速そこに泊まることにした。ホテルに入るなりフロントの脇にはレコードジャケットを何枚もまとめたポスターのようなものがどどーんと飾ってあり、カウンター脇にはレンタル用のレコードもあり、要はそういうことなのだな、と理解した。
 
まあ、レコードは自前で用意してあるので別にレンタルすることもなく、夜友人たちと久々に再会して飲んだ後にホテルに戻り、どれレコードを聴くか、と部屋にあるオールインワン型のタンテのスイッチを入れレコードをセットしアームを下ろし・・・、という勝手知ったる毎日やっていることを旅先でも、と感動したのだが
 
音がしない。
 
サーという音だけで全くしない。あれ、と思いよくよく見ると針がついていない。そりゃあ音出ないでしょう・・・。もしかしてフロントに言って針を借りる、というシステムだったのだろうか・・・。しかしシャワーも浴び寝間着に着替えてどれどれ、というタイミングで面倒だったのでレコードを諦めふて寝した、のだった。
 
フロントのレコードを借りる際に針も一緒に、ということだったのかな。でもこちとら毎回自前でレコード用意できるが故、別に借りないからな・・・。ちょっと再検証するためにもう一度泊まらないといけない、な・・・。あーしかしあの盤、当日に調達してきたOrchestral Manoeuvres In The Darkの「If You Leave」7インチ、聴きたかったな。
 
ということもあったしお友達にもあったしレコードも買ったのだけれども、平日のど真ん中にこんな感じで出張とかあると、通常の仕事もたんまりある中でなので、大層疲れるものである。なんかまだ疲れが取れていないらしく、今日の休みもかなりぼんやりと過ごしてしまった。まあこういう骨休みも必要、ということなのかな。そんな日のBGMにはAngel Olsenの「Big Time」である。

前作とそれに続く編集盤的なもの(とその後の80年代ポップスのカヴァーEPも!それこそOMDの「If You Leave」やってたな)

All Mirrors -Gatefold- [Analog]

All Mirrors -Gatefold- [Analog]

Amazon
Whole New Mess

Whole New Mess

Amazon

がまあ、とにかく最高で愛聴していたものだが、今作はなんとカントリー、である。しかも今風のなんとかカントリーとかカントリー風味、というのではなくどカントリー、である。ペダルスチールもバンバンフィーチャーされた古式ゆかしいつっこみようのない世界には正直ここまでの流れを考えると度肝を抜かれたものだが、思えばそこはかとなくそういう感じはこれまでもあったけどここまで前面に出してくるとは。しかし内容は本当に最高で名曲揃いのゆったりとしたスケールのデカさが印象的でここまで彼女の音楽に興味がなかった層にもある意味リーチするのではないか、という傑作。そしてなるほどこのタイトルはそういう、という過去と現在どちらの視点も混在する歌詞もまた、色々あったんだな・・・、ということが窺えて深いのであった。